ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【オンライン読書会】10月9日海外ゆる読書会【開催報告】

2019/10/11
 
読書会開催報告
この記事を書いている人 - WRITER -

10月9日(水)21:00より開催したオンライン読書会の記録です。げんだちょふを含めて参加者4名、90分で開催しました。ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!

みなさんの紹介本&コメント

Mさん ベア・ジョンソン「ゼロ・ウェイスト・ホーム ごみを出さないシンプルな暮らし」

created by Rinker
¥1,870 (2019/10/22 07:06:37時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカで暮らすフランス人の著者。夫と子供2人の4人家族で、1年間に出すゴミの量はたったの500ml。生活する中でいかにゴミを出さないかを書いたハウツー本。彼女と同じ生活をするのはさすがに難しいが、シャンプーの量り売りを利用する、水筒を持参するなど、無理のない程度に工夫しながら生活することは楽しいと思った。

Uさん 鎌田 浩毅「世界がわかる理系の名著」

created by Rinker
文藝春秋
¥825 (2019/10/21 09:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

ダーウィン、メンデルなど、世界的に有名な14人の理系人の生い立ちやエピソードを紹介する本。理系の話は文系の人にとっては難しそうで避けてしまいがちだが、彼等の人間味あふれる人生を知ると興味を持つことができる。また、自分の知らなかったことを知ることで、普段の生活が少しワクワクしたものに変わった。

Mさん レオ・レオニ「フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし」

created by Rinker
¥1,602 (2019/10/21 12:54:01時点 Amazon調べ-詳細)

芸術の価値を教えてくれる絵本。芸術は直接的には生活の役に立たないかもしれないが、それを見たり聴いたりすることで人の心に響くものであり、社会に必要なもの。特に、心に余裕がないときほど必要なのではないかと思った。

げんだちょふ アダム・グラント「GIVE & TAKE 『与える人』こそ成功する時代」

created by Rinker
¥1,944 (2019/10/22 06:58:54時点 Amazon調べ-詳細)

「今の時代、成功するのはより多く与える人(ギバー)だ」と主張する著者。最初は、ギバーは損をしそうと思ったが、読み進めていくうちにギバーが成功する理由が分かった。

次回開催案内

開催予定はこちらの記事で。

関連記事

前回の開催報告

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.