ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【ギリシャ・アテネ】夏休み 7/21〜24の日記

2019/10/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月20日 ロシア語分かる人へのはなし

ギリシャのアテネに着きました。ロシア語ではАфины(アフィーヌィ)。これ、複数形なんですよ。「アテネで」って言おうと思ったら、в Афинахって、複数形の活用しないとダメなんですよ。なんで複数形なのかって調べたら、もともとのギリシャ語のアテーナイが複数形なんだってさ。

英語を初めて習った時も、いちいち複数のときは語尾にsをつけるって聞いて「なんて面倒なんだ」って思ったなぁ。

7月21日 コミュ力

メテオラの修道院を巡りました。ロシア人観光客が大勢いました。ギリシャもロシアもキリスト教の中でも正教会なので、親和性が高いんだそうな。

ギリシャ メテオラ 修道院
崖の上に修道院があるメテオラ

こういう時にコミュ力高い人はすれちがうロシア人に「ずどらーすとびーちぇ!」って声をかけちゃうんだろうと思うんですが、げんだちょふ達にそんなコミュ力はありません。ハンガリーのブダペストで出会ったガイドさんのように、知らない人に意味もなくバンバン声かけられるハートがあれば、ロシア語の伸びも違ったかもしれません。

7月22日 角質過多

市内観光をしました。

暑すぎて、ドクターフィッシュというところで休憩しました。水槽の中に魚がいて、そこに足を突っ込むと、足の不要な角質を取ってくれるというやつです。

いやー、げんだちょふの足、いれぐい状態でした。何分経っても、ずっと魚がげんだちょふの足から離れない。特に小指の付け根。どんだけ角質あったんでしょうね。

ギリシャ 猫
げんだちょふの角質は掲載できないので、ギリシャで出会った猫

7月23日 夏バテ

デルフィ遺跡というところに行きました。現地発のバスツアーです。

この日、旅行が始まってちょうど1週間ほど。げんだちょふ、疲れていました。遺跡を見て回る間は、暑い中屋外を歩かなければならず、バテバテに。と言っても日本ほどは暑くなかったはず。

どれだけバテてても、猫はかわいい

日本に帰国して、夏が過ごせる気がしません。ニホンのナツ、ロシアのフユヨリ、コワイ。

7月24日 スリ

げんだちょふ、スリに遭いかけました。気づいたら背負ってたリュック開けられてましたよ。びっくり。後ろ振り向いたらチャック開けられてて、「何やってんの?」って言ったらスタスタと立ち去っていきました。何も取られてなかった。

混み合った地下鉄とかではなく、朝早く、人の少ない道路でだったので余計にびっくりしました。

ちなみに夫は私が「何やってんの?」って言ってたことにも気づかなかったんだそう。いざというときに大声出すのって難しい。

こういうときにかっこよく相手を投げ飛ばしたりしてみたい。日本に帰ったら合気道でも習おうかしら・・・

アテネ ディオニソス劇場
スリに遭いかけた後に見た、ディオニソス劇場

アテネは全体的に治安が悪いと感じました。げんだちょふたちが宿泊したホテルの近くの道路は、汚いし、浮浪者も多くて、正直怖かったです。経済危機の影響がまだ残っているんですかね。財政破綻って恐ろしいなって、肌で感じました。

どれだけ治安が悪くても、ねこは可愛かったです。

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.