ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【ウズベキスタン・サマルカンド】青の都 サマルカンド シャーヒズィンダ廟群

 
サマルカンド シャーヒズィンダ廟群
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

ウズベキスタン旅行の話です。前回の話はこちら

青のタイルが美しいサマルカンドのモスクたちですが、げんだちょふが一番「青いなぁ〜」と思ったのがシャーヒズィンダ廟群でした。ビビハニム・モスクを作ったティムールさんゆかりの人々が埋葬されている霊廟群です。

シャーヒズィンダ廟群は入り口から奥へと道がのびる、細長い作りになっています。階段を登りつつ奥に進むと、両サイドにとにかく青いタイルが美しい廟が次々と現れます。

一番奥にある3つの霊廟(フジャ・アフマッド廟、トゥマン・アカ廟、クサム・イブン・アッバース廟)の前は人でごった返していて、なかなか写真を撮るのが大変でした。

フジャ・アフマッド廟前。
サングラスで宇宙人みたいな顔のげんだちょふ
トゥマン・アカ廟
サマルカンド シャーヒズィンダ廟群
クサム・イブン・アッバース廟内部。
深めの青がキレイ
サマルカンド シャーヒズィンダ廟群
タイルを近くで見るとこんな感じ

天国への階段

サマルカンド シャーヒズィンダ廟群 天国への階段
天国への階段

奥に続く道はところどころ階段になっています。この階段を行きと帰りに数えて、行きも帰りも同じ数になったら天国へ行けるという言い伝えがあるんだそうです。

げんだちょふももちろん数えました。そして見事、数が一致!しかしこれのおもしろいところは、たとえ行きと帰りで数が合っても、人によって数が違うところです。周りの人と答え合わせしても、一致しません。

げんだちょふ
ふっしぎ〜

暑さ対策お忘れなく

サマルカンド シャーヒズィンダ廟群
暑さにやられて休憩(アミールゾダ廟前)

この旅行に行ったのは5月上旬だったのですが、既にサマルカンドは相当に暑かったです。ガイドさんいわく「まだこれは『暖かい』ですね」だそうですが、半袖・半ズボン・サンダルで十分な気温でした。

夫はメガネをかけているため、サングラスを所持していません。メガネに簡単装着できるサングラスを探しているのですが、お手頃価格で見つけることができていません。そのため始終眩しそうにしていました。

↑こういうやつ。(クリックするとアマゾンに飛びます)

もしこれから行かれる方は、水分補給用の水、帽子、タオル、サングラスなど暑さ対策を忘れずに!

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.