ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【イタリア・ヴェネチア】島巡り

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

イタリアへ行ってきた時の話。この日はヴァポレットと呼ばれる船でベネチアにあるいくつかの小さな島めぐりをしました。

ブラーノ島でブラブラ

まず向かったのはブラーノという島です。ブラーノ島はカラフルな街並みが楽しめます。(形がちがいますが、カラフル度合いはノルウェーのブリッゲンを思い出しました。)

ブラーノ島
こんな感じの街並み

朝ごはんを食べてなかったので、適当に探したカフェでビスコッティと呼ばれるクッキーとコーヒーで朝食にしました。お値段が前日に行ったヴェネチア中心部のカフェの2倍ほどで、大変驚きました。材料の輸送代が上乗せされているのかなぁ・・・。

ブラーノ島

げんだちょふのブラブラ動画(特におもしろいところは無いです。)

ブラブラついでに気がついたのは、ベネチアの公園などにある水道は、常に水が流れっぱなしだということです。水には困らない土地ならではな感じがします。

ベネチアンガラスのムラーノ島

この後はムラーノ島へ向かいました。ベネチアンガラスが有名だそうで、たくさんのお店がありました。旅先で食器を購入するのがお好きな方は、ぜひムラーノ島へ。

げんだちょふは残念ながらベネチアンガラスを購入する意欲はわかず(食器はガンガン使えそうな丈夫なやつが好き)、街ブラしながら野良猫とたわむれ、イタリアンジェラートを食しただけで満足し、ムラーノ島をあとにしたのでした。

ムラーノ島
ガラスと同じぐらい輝くジェラート

ストラヴィンスキーのお墓があるサン・ミケーレ島

ムラーノ島を後にし、ヴァポレットでヴェネチア本島に向かっている途中で、夫が「これ見て」とスマホをわたしに渡してきました。画面にはGooglemapが「ストラヴィンスキーのお墓」の文字が。

これってあの春の祭典のストラヴィンスキーのお墓?なぜロシアの作曲家のお墓がヴェネチアに?

疑問しか浮かびませんでしたが、せっかくなのでこちらのサン・ミケーレ島にも立ち寄ってみることにしました。

この島にはお墓以外には特になにもないようです。広い敷地の中からストラヴィンスキーさんのお墓を探します。

わりと奥の方に、ストラヴィンスキーさんのお墓はありました。お墓の周りにロシアのコインがたくさん置いてあります。このコインを見た時点で、本当にあのストラヴィンスキーのお墓なんだと確信しました。花も置かれていて、愛されている感じがします。

サン・ミケーレ島
左がストラヴィンスキーのお墓。隣は奥様。

ホテルに帰ってから調べてみたところ、ストラヴィンスキーさんと親交が深かったロシア人芸術プロデューサーのセルゲイ・ディアギレフさんのお墓が、ここヴェネチアにあり、そこにストラヴィンスキーさん自身も埋葬されたかったから、ここにお墓があるんだそうです。

予定外ではありましたが、お世話になっている作曲家さんのお墓参りができてラッキーなげんだちょふ夫妻だったのでした。

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.