ロシア在住駐在妻が生活情報や旅行情報をゆるいイラストとともに書いてます。

ロシア人女子の服装(秋)

2018/10/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!
本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

昨日は夏バージョンをご紹介いたしましたが、
今日はロシア人女子の服装秋バージョンです。

 

ロシアの秋はとっても短いです。
日本人の私から言わせれば、秋は9月初旬〜中旬の間だけです笑
今年は9月初旬には日中の気温20度以下になり、下旬にはもう10度を切るようになりました。

もう冬支度しないと、、、と思いながら日々
「ロシア人の人はどんなもの着ているのかなぁ」と観察しています。
そんなげんだちょふが観察したロシア人女子のファッション(秋)を今日はご紹介します。

あくまでヤロスラブリでの観察結果なのでモスクワに行けば違う(もっとおしゃれ)かもしれません。

 

ロシア人女子のファッション(秋)

 

 

<トップス>

ライダースジャケット(革ジャン)を来ている人が多数。
カラーは黒が多いですがブラウンや赤の人も見かけます。
ライダースジャケットは日本とは比べものにならないぐらい品揃え(カラー・形)豊富です。

 

<首元>

寒い時には首元にプラトークと呼ばれるスカーフやストールを巻いています。
この巻き方が日本と違って、服の中にしまい込むスタイルです。
多分その方があったかいんだと思います。

そのため日本みたいにボリューミーなストールは比較的少なく、
薄めの綿素材の方がよく売られています。

 

<ボトムス>

夏に引き続き、やっぱりスキニーパンツが圧倒的に多いです。
もう、ショートパンツはいません(笑)
日本では見かけるショートパンツorスカートに黒タイツはなぜかあまり見かけません。

 

<足元>

若い人はスニーカーです。
おしゃれさんは革のおじ靴を履いていたり、ショートブーツを履いていたりします。
やっぱり雪国だなぁと感じるのは、
お店に行くと圧倒的にコートやブーツの品揃えが豊富な時です。

おしゃれの勝負もみんなコート・ブーツ・カバンなどでしているように思います。

ちなみにげんだちょふは秋はこんな格好をしていました。

ライダースジャケットはロシアで購入しました。
日本では着たことなかったの知らなかったのですが、革って暖かいんですね。
10度切ってもこれにストールをプラスすれば全然平気でした。
やっぱりみんな着ているのには訳があるんですね。

ボトムスはスカート&タイツといういかにも
「私はロシア人ではありません」な格好をしています。

というのも、スキニーパンツを履くと周りと比べた時の自分の足の短さに
がっかりしちゃうからです。

スキニーパンツを履く時はライダースじゃなくてトレンチコートを着て足の長さをごまかすように(よくわからない努力を)しています。

 

 

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
だすびだーにゃ!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2017 All Rights Reserved.