ロシア在住駐在妻が生活情報や旅行情報をゆるいイラストとともに書いてます。

ほんまに寒い!冬のロシアを歩く服装(コート編)

2019/01/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!
本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

この記事を書いているのは12月。11月時点で「冬だ!雪だ!寒い!」と大騒ぎしていたのですが、12月に入ってさらに気温がぐっと下がり雪どころの騒ぎではなくなっております。現在、外の気温はマイナス10度です。

できるだけ家の中に留まっておきたいところですが、ずーっとという訳にもいきません。動かなくてもお腹は減るのでスーパーに買い出しに行かなければなりませんし、スタバの店員さんに「あの中国人は故郷に帰ったのかな?」と思われないように定期的に顔を見せに行かなければなりません。

なんで、過酷な環境でもなんとか耐えられる服装をと、日々試行錯誤しています。

そんなげんだちょふの思う冬のロシアを乗り切るコートの選び方をこれから冬のロシアに来られる人のためにご紹介します。

※注意※
あくまでヤロスラブリの服装です。モスクワやサンクトとはそこまで大差ないはずですが、もっと北の地域に行くとまた状況が違うと思います。ご注意ください。

ポイント1.とにかく暖かいダウン!

ロシアの冬は本気のダウンコート

毛皮でももちろん良いですが、旅行者の方が日本で手に入れるのに現実的なのはダウンコートです。

日本の市街地で着るようなおしゃれダウンコートでは寒くて耐えられないと思います。
本気のダウンコート(笑)で来てください。

ブランドで言うと、おしゃれなものだと
・モンクレール
・カナダグース

カジュアルなものだと
・モンベル
・THE NORTH FACE

などでしょうか。

購入する前にきちんと触って、しっかりと厚みのあるダウンを選んでくださいね。

しかし上記のブランドのコート、質が良いだけあって高価です。
「わざわざ高価なダウンコートを、数日の旅行のために買うのはもったいないなぁ」という人におすすめなのは、普段のダウンの中にUNIQLOなどのインナーダウンを着ると言う方法。

そう、ダウンonダウン。

多少ごわごわして脱ぎ着が面倒ですが、寒さはしのげます。

げんだちょふは、日本から持って来たお気に入りダウン(上記の写真のもの)を真冬に着る場合はこの方法でしのいでます。

ポイント2.フードは必需品

ロシアの冬に着るコートはフードが命

日本だとコートやパーカーについているフードはただのお飾りですが、
ロシアにおいてはその実用性が発揮されます。

ロシア人は寒いときや雪が降っている時、コートのフードをヒョイっとかぶります。

フードをかぶると頭から顔周りがふわっと暖かくなるんです。

日本でフードをかぶっていると変質者と思われる可能性がなきにしもあらずですが、
ロシアでは普通なので安心してかぶってください。

ちなみに写真はげんだちょふの持っている最強ダウンのフードをかぶった状態です。
ファーのボリュームがとにかくすごいです。顔よりファーが大きい。

買ってからファーのボリューム感がおかしいことに気づいたんですよね・・・

ポイント3.ロングコートがベター

ロシアの冬に着るコートはロングコートがよい

お尻まですっぽり隠れる長めの丈のコートがオススメです。
男性なら腰下、女性なら膝上までのワンピースタイプのものがいいでしょう。

お腹までの短いタイプだと太ももやお腹が冷えてしまうんですよね。
面積は少しでも広い方がいいです。

そういえばこのあいだ近所で、足元までの長さのダウンを着たマダムを見ました。

一見暖かくて良さそうですが、あまりお勧めしません。
理由は汚れるから。

雪って白くて綺麗なイメージですが、道路に積もった雪は車や人に踏まれて真っ黒です。
そして昼間に気温が上がってその黒い雪が溶けるとだたの泥水に。。。

雪に慣れていない日本人(私)は、何も考えずに歩いてその泥水に足を突っ込むことがしばしばあります。
足元は汚れてもいいジーンズ&ブーツにしておいたほうが無難です。

ポイント4.外気の入らないデザイン

ロシアの冬に着るコートは袖にも注意

暖かいコートを着ていても隙間から外気が入ってくると結構寒く感じます。
(冬のロシアでコートの前を開けて着るなんてありえません。)

ですので、袖口のデザインが手首にフィットするタイプのものがいいです。

前面のファスナーの上にカバーがついているのも外気の侵入を防ぐのに意外と重要です。

ロシアの冬に着るコート

冬のロシアを歩くコート まとめ

冬にロシアに来るときには以下のポイントをふまえたコートを準備してください。

  • 暖かいダウンコート
  • フード付
  • ロングコート
  • 袖口が閉まっており、ファスナーの上にカバーがある

暖かい格好で冬のロシアを生き抜いてくださいね!

次は、小物類(靴、帽子、手袋など)についても書きたいと思います。

他にもロシア旅行お役立ち情報を掲載していますので、旅行前にぜひチェックしてください。

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
だすびだーにゃ!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Comment

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ポンジュースって 生産者とかの表示に愛媛県松山市安城寺って書いてあった記憶があるのですが まさか…?

  2. gendachev より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ウマノスケ・Uさん
    これ以上は秘密です笑(/ω\)

  3. サッスン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ロシアの冬と聞くだけで想像してもう寒くなります(笑)
    フードのファーのボリューム感がすごいですね!
    日本だと可愛さとかデザインでしかないですがロシアだと
    実用的になるんですね。
    とはいえ、ファーのボリューム感はお気に入りだったりしますか?

  4. gendachev より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >サッスンさん
    コメントありがとうございます!
    ファーはちょっとやりすぎた感ありますかね笑
    でもロシア人(欧米人)の顔の小さなひとが被っているととてもお似合いですよ(^∇^)

  5. サッスン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    返信いただきありがとうございます。
    ファーやりすぎですか?
    ロシアだとこれくらいよく見かける気がします。(テレビでですが)
    日本だとこんなにボリュームあるのはあまり見ないので羨ましいです(笑)

  6. gendachev より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >サッスンさん
    たしかに日本では見ないですね!日本でもヨーロッパブランドのものを探せばボリュームのあるものがあるかもしれないです。

Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2017 All Rights Reserved.