ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【ベルギー】ベルギーごはんとおやつ

2019/04/09
 
ベルギー 食べ物
この記事を書いている人 - WRITER -

ベルギーで食べたごはんを思い出のために残しておきます。

セロリが効いてるムール貝の白ワイン蒸し

ベルギー 食べ物
Chezleonのムール貝

ベルギーに行ったら食べなきゃいけないムール貝。こんな風に鍋にどっさり出てきました。これで一人前。

このムール貝は小便小僧・少女の近くにあるChezleonというお店でいただきました。

観光客で賑わう店内に一人でレストランに入るのはげんだちょふ的になかなりハードルが高かったのですが、「ここで食べなければ一生後悔する」と思い、決死の思いで入りました。お店の人に「一人です」と言って店内に入り、席についた時には自分がレベルアップしたように感じました。

注文したのはビールとムール貝とフリッツ(フライドポテト)のセット。げんだちょふはビールが飲めないのですが、ムール貝とポテトを別で頼むよりセットで頼んだ方がお得だったので。結局ビールは残しましたが・・・

中に入っている緑のお野菜はセロリです。げんだちょふは普段セロリはあまり食べないのですが、このムール貝の合間に挟むセロリの独特な味はすごくおいしく感じました。

ほくほくフリッツ

ベルギー 食べ物
ブルージュで食べ歩き

フライドポテトはベルギーが発祥なんだそうです。

こればブルージュの街を歩いていた時に購入したフリッツ。特にお腹は空いていなかったのですが、街歩きをしていると度々フリッツのお店を見つけるのでついつい食べたくなって買ってしまいました。太すぎず細すぎずのちょうどよいホクホクしたフリッツでした。

脂質+炭水化物の組み合わせは不思議とお腹いっぱいでも食べられてしまいます。今、晩ごはんを食べた後にこの記事を書いているのですが、このフリッツ思い出したら食べたくなってきました。ヤバイ・・・

もちろんここが本場 ベルギーワッフル

ベルギー 食べ物

げんだちょふの中でベルギーワッフルと言えばマネケン。日本に住んでいたころはよくコンビニで買って食べていました。(これ言うと日本のどのへんに住んでたかバレそう。)

ベルギーワッフルはもちろんベルギーが本場なわけで・・・来たからには食べないわけにはいかないですよね。

こちらのベルギーワッフルはゲントで街歩きしていた時にふらっと入って食べたものです。本場はやっぱりちがう・・・とまでは思いませんでしたが(マネケンのワッフルはそれくらい美味しい!)、期待通りの味でした。

ホットなチョコレートとそのおまけ

ベルギー 食べ物
ホットチョコレート頼んだら、おまけでチョコレートがついてきた

ベルギーと言えば一番に「ベルギーチョコレート」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。街を歩けばどこもかしこもチョコレートのお店ばっかりでした。本当に。

上の写真は言わずと知れた超有名ショコラティエのゴディバ。ゴディバのカフェでホットチョコレートを飲んだのです。

チョコレートが好きなげんだちょふ。糖分の摂取許容量にはかなり自信ありだったのですが、このホットチョコレートは全部飲み切ることができませんでした。さすが本場のチョコレート。濃かった。

飲みきれなかったのには濃さ以外にもう一つ理由がありまして。写真でおわかりいただけると思うのですが、小さいチョコレートがおまけで付いてきたんです。手前にある小さな丸いものも、チョコレート。生クリームに刺さっている「GODIVA」とロゴが入った四角いものも、チョコレート。

苦いコーヒーやあっさりした紅茶にチョコレートがついてきたら嬉しいけど、ホットチョコレートにチョコレートは・・・さすがのげんだちょふでも無理でした。

この国は飲み物を頼んだら小さいお菓子がついてくるのがデフォルト設定なのか、他のお店でも飲み物を注文するとちょっとしたお菓子が提供されました。

ベルギー 食べ物
紅茶頼んだらケーキがついてきた

この写真は上で紹介したベルギーワッフルのお店です。ベルギーワッフルと紅茶を注文したら、自動的にパウンドケーキ(しかも3切れ)が付いてきたのです。食べ切れるはずがない!

ベルギーに住んでたら確実に太りそうなんですが、特に現地の人に肥満の人が多いとも思わなかったなぁ・・・不思議・・・

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.