ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【ポルトガル・リスボン】シントラ、ペーナ宮殿、ロカ岬ツアー

2019/05/14
 
ポルトガル ペーナ宮殿
この記事を書いている人 - WRITER -

リスボンの中心部を観光した翌日、一日使って世界遺産シントラとユーラシア大陸最西端のロカ岬を巡るツアーに参加しました。

カラフルなペーナ宮殿

ポルトガル ペーナ宮殿

ペーナ宮殿はルーちゃんのいとこにあたるフェルナンド2世が建築を命じたお城だそう。カラフルで独特な外観をしていました。今まで見てきた他のヨーロッパのお城は、色味的には白っぽく、豪華や荘厳という言葉がふさわしいものが多かったような気がします。

写真見ていただくと分かると思うのですが、曇っていました。寒かったです。この日は3月上旬で、気温こそそこまで低くなかったのですが、市内観光していたときよりも寒く感じました。長袖Tシャツ、カーディガン、薄めのダウンコートを着て、ストールぐるぐる巻きにしてもちょっと肌寒いぐらいです。厚手のコートを持っていけばよかった。

建築のことは詳しくわからないのですが、複数の建築様式をミックスして作られた建物なんだそうです。案内してくれた日本語ガイドさんも「あれもこれも、いいと思ったものをいろいろ混ぜてみました、っていうのがペーナ宮殿の特徴です」とちょっと笑いながらはなしてくれました。

ポルトガル ペーナ宮殿
黄色に紫に青。ダンジョンぽい。
ポルトガル ペーナ宮殿
タイル張りがポルトガルっぽい
ポルトガル ペーナ宮殿
ギリシャ神話の海の神さま、トリトン

ペーナ宮殿の後はシントラの街を少しだけウロウロ。お昼も済ませて、バスに乗り込んで、今度はロカ岬に向かいます。

ロカ岬

ロカ岬では、とにかく風が強かったです。写真をガイドさんに撮って頂いたのですが、こんな感じになってしまいました。

ポルトガル ロカ岬
げんだちょふ モザイクいらずな髪型に

ロカ岬はなぜかスリが多いんだそうで、みなさまお尋ねの際にはお気をつけください。

カスカイスの街

ロカ岬の後はカスカイスという海辺のリゾート地へ向かいました。

ポルトガル カスカイス
南国感のある植物

ここまで曇天&強風でしたが、こちらでは天気に恵まれ、南国感を満喫することができました。歩いていく人々は半袖だし、ビーチでは水着姿でビーチバレーを楽しむ若者も。

ここではのんびりお散歩しつつ、ハンチング帽をかぶってサングラスをした、イカしたおじさんが焼いている栗を食べました。

ポルトガル カスカイス

日本の天津甘栗は甘くてしっとりしていますが、こちらの栗は塩味で食感はホクホクしていました。嬉しいのは最初から割れ目が入っていて皮が剥きやすいこと。

ポルトガル カスカイス

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.