ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【ウズベキスタン】思い出ごはん

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

5月にウズベキスタン旅行に行ってきました。モスクワ発のHISさんのツアー。3泊4日で2都市(タシケント・サマルカンド)を巡る駆け足旅行でしたが、げんだちょふにとっては初の中央アジア、初のイスラム教国ということで、貴重な体験ができました。

日本語ガイドのタチアナさんには大変お世話になりました。

いつものように思い出を記録しておきます。とりあえずご飯から。

あっさりなナン

あっさりとしたパン。ガイドさんによると常温で何ヶ月も保管可能らしいです。(しかし日本に持って帰ると、湿気のせいでそこまでは持たないらしい。)

レストランに行くと注文しなくても最初に自動的に出てきました。うっかり食べすぎると、注文した品が来る前におなかいっぱいになっちゃいます。

タシケントのレストランでいただいたナン。お花の形でかわいい。

ウズベキスタン ナン

サマルカンドのレストランでいただいたナン。表面がツルンとしてます。

ウズベキスタン ナン

サマルカンドの市場ではこれがたっくさん売られていました。

ナンナンナンナンナンナンナンナンナンナンナンナン

この市場で購入した、こちらの玉ねぎが入ったナンが個人的ヒットでした。パイ生地のように層になっていて、中に入っているあらみじん切りの炒めた玉ねぎが甘く、お惣菜パン感覚でいただきました。

お気に入り玉ねぎ入りナン

普通に直射日光の当たるところに陳列されていたので「衛生的に大丈夫か?」と一瞬不安がよぎりましたが、とくにお腹を壊すこともなく大丈夫でした。

げんだちょふ
サマルカンドの市場に行ったら、この玉ねぎ入りのナン、ぜひ食べてほしいです

具だくさんのスープ

前菜としてスープをよく食べました。どれも味が濃いけど美味しかったです。具がたくさん入っていて、飲むというより食べると言った方が

こちらはラグマンという、うどんのような麺が入ったスープ。うどんのようなというか、私の感覚では、ほぼうどんでした。日本のけんちんうどんを思い出させてくれました。

ウズベキスタン スープ
うどんみたいな麺が入ったスープ
げんだちょふ
アジアのつながりを感じます。

とあるレストランでは、なぜかジョージア料理のハルチョーを注文してしまうげんだちょふ。おいしいと分かっているので、つい。

ウズベキスタン スープ
ハルチョー

こちらのスープは、写真は残っていますが何という名前か覚えていません。

ウズベキスタン スープ
肉団子のスープ
ウズベキスタン スープ
具だくさん

ラム肉多しメイン料理

メインはお肉、特にラム肉率が高かったです。

こちらは牛肉、ラム肉のシャシリク。肉と肉の間に挟まっているのは、玉ねぎではなく脂です。見た目で脂と気づかず、ねぎま感覚で食べたので、口に入った瞬間じわっと広がる脂感に「うぉっ」となりました。

肉と肉の間にある白い物は脂

こちらはラム肉のソテー的なやつ。添えてある玉ねぎのサラダを間に挟んで食べて、あっさり食べられました。

ラム肉美味しかったなぁ
げんだちょふ
「もう当分はラム肉食べなくていいな」っていうぐらい、羊成分を摂取しました。

これが食べたかった!プロフ

ウズベキスタン プロフ

げんだちょふがこの旅で一番食べたかったのがプロフ。日本語でいうと、ピラフ。絶対つながりあるんだろうなぁっていうネーミング。

最後のホテルのレストランで食べたプロフ。お肉&卵でガッツリ。チャーハンよりちょっとしっとりした感じでした。

この写真見てたらプロフがすごく食べたくなってきたんですけど、ヤロスラブリでウズベキスタン料理のレストランって聞いたことないんだよなぁ・・・

げんだちょふ
考えれば考えるほど食べたい!

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

関連記事

ジョージア(グルジア料理)の話

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.