ロシア在住駐在妻が生活情報や旅行情報をゆるいイラストとともに書いてます。

【ノルウェー・オスロ】オスロ観光

2019/02/03
 
オスロの王宮
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ハイ!(ノルウェー語でこんにちはです)

スウェーデンの旅行記録がやっと終わりまして、今日からスウェーデンの後に行ったノルウェー編です。

ノルウェーでは前半は首都オスロの観光、後半はツアーでのフィヨルド観光をしました。

では、まずオスロのお話から。。。

オスロ国立博物館

オスロでは定番観光スポットに行ってまいりました。まず、オスロ国立博物館です。有名なムンクの「叫び」が展示してあります。外観はこのような感じ。

オスロ国立博物館

有名な「叫び」はこちら

オスロ国立博物館 ムンクの叫び
叫び

有名な絵なのに、写真取り放題でした。太っ腹ですね。ノルウェー。

こちらの絵、叫んでいるのではなくて周囲の叫び声が聞こえないように耳を塞いでいる絵だって知っていました?

私は大人になってからNHKの「びじゅチューン」を見ていて初めて知りました。

ムンク以外にも所蔵品はたくさんあって、じっくりみていたら2時間ぐらいはかかりそうな立派な美術館でした。

ちなみにげんだちょふが気に入ったのはこちらの絵です。

オスロ国立博物館 ラファイエット通り
Rue Lafayette(ラファイエット通り)

家に帰ってから調べてみると、ラファイエット通りはフランスのパリにある通りで、ムンクさんがパリで住んでいた家からの眺めを描いた絵なんだそうです。

叫びはこの絵を描いた3年ほど後に作られたのだそうです。

ラファイエット通りは白っぽく明るい色調なのに、叫びはダークな感じ。この2年の間にさぞかし辛いことがあったんだろうなぁ

(深くは知りません。すみません)

オスロの王宮

オスロの王宮

ムンクを鑑賞した後は、王宮へ行ってまいりました。

今も王室の方々が住んでいるのだそう。当然、王宮の周りには警備の兵隊さんたちがいらっしゃいました。

オスロ王宮

中には女性の方もいらっしゃってかっこよかったです。

警備はしているものの全く物々しい雰囲気はなく、夏限定で王宮ツアーもやっているようで(並んでる人々を見かけました)開かれた王室という印象を持ちました。

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!しーゆー!

続きの記事はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Comment

  1. soba1ko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ムンクのラファイエット通りという絵、私もとてもいいなあ
    と思いました。超有名ではないので、良いなあと思う絵ありますよね。私はモネも睡蓮関連の絵より、モネが子供や家庭
    生活を描いた絵が好きです。ルノワールも風景がのほうが
    人物画よりすきです。ムンクについても同じように思います。あくまで好みの問題ですけどね^^
    素敵な絵を紹介してくださってありがとうございます。
    といってもこの絵も専門家には超有名なのですよね^^

  2. gendachev より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >soba1koさん
    絵画もお好きなんですか?
    私はあまり知識がないのでお恥ずかしいです。
    >といってもこの絵も専門家には超有名なのですよね^^
    おっしゃる通りで!
    叫びが一般人にも超有名なだけなんですよね!

Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2017 All Rights Reserved.