ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

【絵日記】ロシアの6月の気候

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

年によって全く異なる気温

本日の気温、12℃です。雨が降っています。今週はずっとこんな感じらしいです。先週や先々週は晴天続き。気温も30℃に近く、「夏が来た!」と喜んでいたのですが、ぬか喜びでした。

たしか、去年の6月はコートを着ていました。なんなら、中にウルトラライトダウンを仕込んでいました。おととしは6月に雪が降って、半袖なんてとてもじゃないけど着られないっていう気温でした。

「年によって全然ちがうんだなぁ」と、ロシア生活3年目に突入して思うのでした。

ロシアの夏は最高に過ごしやすい

ロシアに行くことが決まってから、日本の友達に幾度となく「ロシアってずっと寒いの?」という質問を受けてきました。かくいうわたしも、来る前はロシアは年中寒いもんだと思いこんでいました。

しかし、夏は普通に暑いです。ただ、「うれしい!楽しい!大好き!(by 夢が来るあるバンド)」と思える範囲の暑さです。湿気がないのでどれだけ暑くても木陰に行けば涼しく、日本みたいに40℃近くまでなることなんてまずありません。つまり、とっても過ごしやすい季節。

緯度が高いので日も長くて、朝の3時から夜の10時ぐらいまで外で活動できちゃいます。夜の9時近くでも子供が公園で遊んでたり、カフェのテラスにイケてる若者がたむろしてたり。日本だったら「早くお家に帰りなさい」と怒られそうだけど、ロシアだと「短い夏なんだからいいじゃない、楽しもうぜ!」と思えてしまうのでした。

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

関連記事

気温関連の絵日記。冬の話。

春の話

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2019 All Rights Reserved.