ロシア在住駐在妻のブログです。日常や旅行の話をゆるいイラストとともにご紹介しています。

髪をロシアで切ってみました 2(初めてのロシアの美容室)

2018/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!
本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

こちらの記事の続きです。

髪をロシアで切ってみました1(初めてのロシアの美容室)

 

 

 

 

意外と普通だったロシアの美容室

日本のサロンでもどんな髪型にしたいかイメージを伝えるのは難しいですよね。それが外国語ならなおさらです。今回は口頭で伝えることが不可能だなとあらかじめ思っていたのでメモを準備して行きました。

そのメモを渡すと、美容師のお姉さんが何やら話しかけてくるので「え??」と言う顔をしていると、私の渡したメモに図を描きながらサイドの髪の長さについて(後ろの髪と同じ長さにするか、サイドのみ少し短くするか)相談してくれました。

 

 

げんだちょふ
外国人に優しいお姉さんでよかった・・・

 

おかげで変な髪型にならずに済みましたよ。

ね、すっごい普通でしょ?ちなみに前髪は自分でこまめにカットしているので、切ってもらいませんでした。

 

 

気になるお値段

今回はカットのみしてもらったのですが、お値段は799ルーブルでした。(2017年11月時点、日本円で1600円ぐらい)

安すぎて、レシートを見てびっくりました。(事前に値段を調べずに行ってました。)日本の半額ですね。

私の髪には癖があり、広がりやすい髪質なので日本で1年〜2年に1回ぐらいストレートパーマをしています。それさえキープしておけばロシアで髪を切ってもなんとかなりそうだということが今回わかりました。

と言うことで、総合評価はこのお値段でこの仕上がりなら全然ありです。

 

 

日本との違いは?

今回切ってみて日本と違うなぁと思ったのは毛先の形ですね。毛先がぱっつん、いわゆるまっすぐになりました。日本だと、毛先に向かって量が減っていくような切り方をすると思います。(あえてぱっつんにするおしゃれさんもいますけど。)

あと髪を少なくする作業はなかったです。とりあえず短くするだけでした。「髪をすいてください」とお願いすればしてくれたのかもしれませんが、通じるのかどうか疑問だったので言いませんでした。

ちなみに、後日日本に帰国した際にいつもお世話になっている美容師さんに「ロシアで髪切りましたよ〜」とお見せしたところ、「全然ガタガタにもなってないし、いいんじゃないですか?」というまぁまぁの高評価(?)をいただきました。

 

 

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

だすびだーにゃ!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Comment

  1. Lico より:

    SECRET: 0
    PASS:
    げんだちょふさん、
    Здравствуйте!
    素敵なヘアスタイルになってますよ!
    言葉の問題でヘアカットのリクエストが伝わらないとパッキンとカットになると思っていました。
    メモで伝える方法がありますね。
    さすが、チャレンジャーの げんだちょふさん!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    げんだちょふさんこんにちは!
    とても素敵なヘアスタイルになってますよ~~!
    重さと艶があって羨ましいです。
    私の髪の毛は、細くて軽くてボサッとなりやすいので。
    なのでパッツンと切るのは好きです。
    スカスカにするのは好きではありません。

  3. gendachev より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Licoさん
    素敵だなんて・・・(/ω\)
    >メモで伝える方法がありますね。
    事前に言い方を調べて
    メモして行くのが私にとっては
    やりやすい方法です(^∇^)

  4. gendachev より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >エカテリーナ «Екатерина»さん
    >私の髪の毛は、細くて軽くてボサッとなりやすいので。
    ロシア人も含めてヨーロッパの人は
    そういった髪質の人が多い気がします。
    アレンジした時に可愛くていいなぁと思う一方、
    ジムのシャワーの後、一生懸命クシを通している
    金髪の方を見ていると大変そうだなぁと思います。

Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2017 All Rights Reserved.