ロシア在住駐在妻が生活情報や旅行情報をゆるいイラストとともに書いてます。

ロシアのおすすめお土産(食べ物)

2019/01/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!
本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

 

ロシアのおすすめお土産、今回は食べ物編です。
気軽に買えちゃうお手頃なものから大切な人に渡したい高級なものまで、ご紹介させていただきます。
(記事中の値段はげんだちょふ調べです。また、レートは2018年9月時点のものです。ご了承ください。)

 

 

キャビア&イクラ

 

ロシアといえばキャビア&イクラ
お土産やさんやスーパーで缶詰め、または瓶詰めで売っています。
保存食として売られているので、日本で食べるいくらよりしょっぱいです。

 

日本ではイクラと言えば鮭の卵のことを指しますが、
ロシアでは魚卵全般のことをイークラと言います。

キャビアのことはチョールナヤ イークラ (黒い魚卵)

イクラのことはクラースナヤ イークラ (赤い魚卵)

と呼び分けているんです。

 

ガイドブックにも載っているぐらい定番のお土産ではあるのですが、
日本と同様、ロシアでも高級食材です。

特にキャビアは安くはないです。
「ちょっといいものをお渡ししたい」という時におすすめです。

 

そして空港で買うとこれまためちゃ高い!のでスーパーで購入されることをお勧めします。

 

《予算》
イクラ250ルーブル(約500円)〜
キャビア3500ルーブル(約7000円)〜

 

 

カップスープのボルシチ

(左がボルシチ、右はハルチョーという旧ソ連国ジョージアのスープ。)

 

ロシアにはいろんな種類のスープがあります。

日本でも有名なボルシチを始め、
ちょっとスパイシーなサリャンカ、
スッキリした魚のスープのウハー、
濃厚な美味しさのきのこのクリームスープ等々。。。

 

それらをお手軽にお家で楽しめちゃうのがインスタントのスープです。
お湯を注ぐだけの簡単なものから鍋で温める本格派まで、豊富な種類のスープが売られています。

おすすめなのが軽くてかさばらない、写真のようなカップスープタイプ。
お値段もお手頃なので、たくさん買っていろんな人に配って見てはどうでしょうか。

 

《予算》写真のタイプのもので1袋20ルーブル(約35円)〜

 

はちみつ

 

ロシアではいろんな種類の蜂蜜が割とお手頃な値段で売っています。

蜂蜜はホットケーキにかけるだけでなく、料理にお砂糖の代わりに使うこともできるので、
お料理の好きな方におすすめのお土産です。

 

写真は私が普段愛用している近所のスーパーのプライベートブランド商品です。

こんな普段使いのものあれば、お土産用の可愛いパッケージのものもたくさん売っているので
是非お気に入りのものを探してみてください。

 

また、ルイノークと呼ばれる市場に行ってもよく売られています。
試食させてくれるので、そちらで味を確かめてから買うのもおすすめです。

 

《予算》1つ150ルーブル(250円)〜

 

 

ジャム

 

ロシアは保存食の国。

みなさん夏の間に、冬に向けてせっせとピクルスや乾燥したキノコなどの保存食を作っています。
(そのため、夏になると保存食を作るためのガラス瓶がスーパーにたくさん並びます。)

 

ジャムもその保存食の一つ。
もちろん、スーパーにもたくさんの種類のジャムが並んでいます。
特にベリー系のものが多いですね。甘酸っぱくて美味しいです。

長期保存できるので、すぐに会えない人へのお土産としてもおすすめです。

 

瓶詰めなので、スーツケースの中で割れないように気をつけてくださいね。

 

《予算》1つ150ルーブル(250円)〜

 

 

ロシアでステキなお土産を

以上、食べ物編でした。ぜひたくさん買って帰って、日本でもロシアの味を堪能してください。

当ブログでは他にもお土産をご紹介しているのでぜひご確認ください

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました! だすびだーにゃ!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2018 All Rights Reserved.