ロシア在住駐在妻が生活情報や旅行情報をゆるいイラストとともに書いてます。

ヤロスラブリ観光情報 1000ルーブル札のスポット巡り。カザン聖母の礼拝堂&洗礼者ヨハネ教会

2018/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさま、ずどらーすとびーちぇ!
本日もご訪問いただきましてありがとうございます。

ロシアのお札には各都市の偉人や歴史的建造物がプリントされています。
その中でヤロスラブリは1000ルーブル札にプリントされているのです。

表側にある三角錐系の建物はカザン聖母の礼拝堂。

そして裏側の玉ねぎ頭の教会は洗礼者ヨハネ教会。

 

ヤロスラブリに来たからにはこれらのスポットを巡って、1000ルーブル札と見比べてみてほしい!

ということで今日は、この2つの場所をご紹介したいと思います。

 

カザン聖母の礼拝堂

こちらの白いとんがった建物が1000ルーブル札の表側、カザン聖母の礼拝堂です。

洗礼者ヨハネ教会もそうなのですが、日本人はあまり訪れないスポットなので日本語の情報がなく、正式名称がこれでいいのか定かではありません。
ロシア語ではЧасовня Казанской Богоматери(チソーフニャ カザンスカイ バガマチリ)と言います。
英語ではLady of Kazan Chapelで、日本語で言うと「カザン聖母の礼拝堂」かなぁ。。。ということで本記事ではそう呼んでいます。

 

恋人の聖地のような存在になっており、礼拝堂のすぐ後ろにあるオブジェには南京錠(カップルの名前が書かれている)がつけられています。

また、結婚式のカップルが写真撮影している様子もよく見かけます。夏場にここに来ればロシアの花嫁さんに会えるかもしれません。

 

営業時間
営業時間等はありません。いつでも行って見ることができます。

アクセス
こちらで紹介した修道院のすぐ近くにあります。観光の中心部なので、他の観光スポットと一緒に徒歩で回るのがオススメです。

ウェブサイト
公式サイトは見つかりませんでした。トリップアドバイザーの情報を貼っておきます。

 

洗礼者ヨハネ教会

茶色の壁に緑色の玉ねぎ頭が特徴的なこちらが1000ルーブル札の裏側に描かれている洗礼者ヨハネ教会です。

この教会も日本語の正式名称がこれであっているのかは定かではありません。
ロシア語の名前はЦерковь Иоанна Предтечи(ツェルカフィ イオアンナ プレドテチ)。
英語ではSt. John the Baptist Churchとなり、St. John the Baptistの日本語訳が「洗礼者ヨハネ」だそうで、洗礼者ヨハネ教会と呼んでいます。

ぜひ1000ルーブル札と並べて写真を撮ってみてくださいね。

教会の内部に入ることも可能です。壁一面に描かれた絵は見応えがあります。

 

入場料
外から見て写真を撮るだけであれば無料です。
教会の中も見学する場合は入場料(数十ルーブルだと記憶しています。)が必要です。

内覧時間
開いている時間が10:00-17:00、月曜と火曜はお休みなのでご注意ください。10/1〜5/1は冬休みで開いていません。

アクセス
こちらの教会、観光名所が集まっている街の中心部からは離れたところにあり、交通の便はあまり良くありません。
しかしタクシーなら10分ほどで行くことできますし、時間はかかりますがバスで行くことも可能です。

  • タクシー
    ヤロスラブリ中心部からタクシーで10分程度です。タクシー配車方法はこちらの記事をご参照ください。
  • バス
    ヤロスラブリ中心部から30分。こちらの記事に出てきたプローシャジ ヴォルコヴァ(Площадь Волкова)からは87番のバスで行けます。

ウェブサイト
ロシア語ですが、公式サイトありました。

 

では、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!
だすびだーにゃ!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク




スポンサーリンク






Copyright© げんだちょふのロシア通信 , 2018 All Rights Reserved.